痔を警戒しましょう便が黒っぽくなってきたら

痔を警戒しましょう便が黒っぽくなってきたら、というということについての紹介をしています。ここでは痔の原因と関係の深い、便が黒っぽくなることについて、解説します。

 

便の色は、健康を表現しています。

 

たとえば、血便。血便にも、どす黒いものと赤いものがあります。これをどのように解釈したらよいか、というと、上流から来るほど黒い、ということです。

 

黒い血便の場合は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などが疑われます。つまり、胃腸に問題がある、と考えられます。鮮血や、赤っぽい血便の場合は、腸や肛門に問題があると考えられます。

 

肛門からの出血以外にも、大腸炎や大腸がんなど大腸関係の病気の場合があります。肛門が切れた場合には痛みが生じるので、痛みに関してもチェックすることが必要です。

 

便はこのように、内臓の異常を訴える働きをしています。排便後、流す前に便の色や形について確認をする習慣は思いのほか重要です。

 

ここで、注意しておくことがあります。

黒っぽい便が出たからといって、必ずしも胃腸に問題がある、原因だとは限らないということです。血便でなくとも、黒ずむことがあります。便秘、水分不足の硬い便は、正常な便に比べて黒ずんだ色をしている傾向があります。

 

もちろん、食べたものの色によっても便の色は変わりますので、断言することはできませんが、大腸に便が滞留している時間が長ければ長いほど、便は黒ずみます。

 

胃腸が健康になると、自然に便も茶褐色になっていきます。便が黒い時には、食生活や睡眠時間などを見直して、便の異変が解消されているかどうかをチェックすることができます。

 

とはいえ、素人判断には限度があります。明らかに血便であるときや、黒ずんだ便が気になるときには、早めに医師に相談するようにしてください。

 

病気や怪我には、早期発見・早期治療が一番良いのですから。