痔の原因入門とは

初めて痔になったという方に痔の原因を解説するサイトです。
痔の原因についてあなたには心当たりがありますか?
ご一緒に痔の原因について学習していきましょう。

 

日本人の3人に1人が痔であると言われています。
痔は、日本人にはなじみの深いものなんですね。知っていましたか?

 

つまり、私も、あなたも、気付いていないだけで痔を持っているかもしれないのです。
痔にかかる率は、男女で同じ程度と言われていますが、
最近では女性にとって行きやすい環境を配慮した病院が多いため、
実は女性の方が多かったなどと言われることもあります。

 

痔を恥ずかしいと思って隠されている方もおられます。
しかし、問題なのは、ご自身で痔を自覚していない、隠れ痔の持ち主です。
隠れ痔の持ち主は、痔の予備軍であることがほとんどです。
痔の初期症状は、痛みや自覚症状が伴わないので見過ごされがちです。

 

そして、見過ごされたまま、自覚症状もなく、
気づいたら肛門からいぼがでるという脱肛の症状に至ってしまうというわけです。
そこまで行かないと気づかれないこともあるんです。
非常に怖い話です。

 

痛みがあるのは非常に辛いことですが、痛くないからといって、怖くないというわけでは
まったくないんですね。
さらに、脱肛に至っても、特に実害はないから大丈夫、という豪胆な方もいらっしゃいます。
自然に戻るのだから、ほうっておけば良いという考え方ですね。
ダメです。

 

脱肛も治療せずにほうっておけば、悪化していきます。
自然に戻らなくなれば、出てくるたびに、指で押し込まなければいけなくなります。
普通に歩いているだけで脱肛してしまう、というようなことになれば、
日常生活に差し支えるようになりますね。
隠れた痔を悪化させないためには、生活習慣や排便習慣の見直しが必要です。
体の内側と外側から、無理のない排便などを心掛けましょう。
しかし、一度、痔が悪化したことに気づいたら、迷わず直ぐに病院へ行き、
医師に診察してもらった上で、治療しましょう。

痔の原因は下痢と便秘

痔の原因というと、便秘でいきんだ弾みで、というイメージをお持ちかもしれません。しかし、下痢も原因になります。

 

便秘でいきんだときに、肛門に負担がかかるのと同様、下痢は勢いよく軟便が押し出されるため、肛門とのあいだに大きな摩擦が生じます。

 

双方とも、刺激は、痔の原因になりますし、摩擦のせいで肛門に傷がつくようなことになれば、同じように「切れ痔」になります。

 

便秘は硬い便が肛門を傷つけます。しかし、柔らかい便だって勢いよく出れば、デリケートな肛門に傷がついてしまうのです。「痔ろう」に関しては、実は、下痢が原因で起こることが多いのです。
ここまでで察しがついている方もいると思われますが、要するに危ないのは勢いです。便秘にしても下痢にしても、いきまないよう心がけなくてはいけません。

 

下痢の時でも、あの独特の残便感と、苦しさから、お腹に力を込めて一気にひり出してしまいたいという欲望に駆られます。その欲望ストップ。いきまないでください。

 

肛門のためのソフトランディングを心がけましょう。便秘にせよ、下痢にせよ、大腸に優しくしてあげることがポイントです。下痢のお腹にはぬくもりをあげましょう。

 

便秘のお腹には、便を柔らかくし、量を増やしてあげるために、水分をしっかりとり、食物繊維を摂取してあげましょう。病気で下痢をしている時には、これは、体がウイルスや菌を出すために働いている証拠です。

 

下痢止めがなく、下痢が続いているときは本当に辛く、泣きそうになることもあるかもしれませんが、早く楽になりたいと思って、いきむのはNGです。落ち着いて、なるべく自然に対処してください。

腸が悪いと痔になりやすい

痔は排便と強い関係性を持っています。便がかたければ、肛門を傷つけかねません。便でもドバッと出れば、肛門と激しい勢いで擦れ合って傷つけかねません。つまり、排便の異常、便秘も下痢も痔の大敵です。

 

では、なぜこうした排便の異常が生じるのでしょうか。

  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 食物繊維の不足
  • 刺激物の摂り過ぎ
  • ストレス

これらは腸内環境を悪化させます。腸の機能不全は、身体の不調に密接に関わってきます。腸が荒れていては、肌も荒れるし、腫物のひとつもできるかもしれません。

 

もちろん、先述した便秘も下痢も引き起こします。腸は水分を吸収する働きがありますので、腸の働きが悪くなり、水分が吸収できなくなると、下痢を引き起こした上、脱水症状に陥ることになります。

 

腸内環境の改善は、健康な腸を作り、全身の健康の基礎を用意します。腸内環境の改善は一朝一夕では成し得ません。生活習慣の改善なしには、腸内環境を良くしていくことはできないのです。食生活を見直し、睡眠時間を見直し、腸を冷やしていないかなどの環境を見直してください。運動もしてください。

 

おならが非常に臭い人、口臭が気になる人も腸に問題がある場合があります。健康な腸を作ることで、匂いの問題も解決するかもしれませんね。

 

また、腸は吸収器官であることから、健康的なダイエットにとっても鍵になると思われます。腸を良くして、体の健康を作っていくことで、痔になりにくい体質になっていくことができます。

 

慢性のイボ痔や切れ痔、再発に悩まされる人は、まず、腸を良くすることを考えましょう。どれだけ軟膏を塗りたくったり、病院に通ったりしても、腸が荒れている状況では、治る痔も治らないということになります。目の前の治療だけではなく、長期的な腸の健康に目を配ることを忘れないでいきたいものですね。

座り仕事が多いと、痔になりやすい

職業病という言葉があります。痔も長時間のデスクワークや、立ちっぱなしが原因になることから、現代の職業病の一つかもしれませんね。

 

座りっぱなし、立ちっぱなしという状況、つまり長時間同じ姿勢を崩さない状況は、血行不良につながります。デスクワークは、座りっぱなしと運動不足のダブルパンチで、血行不良を招きます。加えて、椅子と体重にはさまれて肛門が圧迫され、悲鳴を上げています。痔はすぐそこまで迫っていると言えるでしょう。

 

さらに、

  1. 長時間座り続けて、立つことができない
  2. トイレに行きたい時に行けない
  3. 座り心地の悪い安物の椅子という

という、現代社会にありがちな要因が痔までの距離をショートカットしてくれます。

 

そうした条件を兼ね備えた、運転手などの人にとっては、痔はまさに職業病です。しかし、同じような環境にあるはずなのに、痔になる人とならない人がいるのはどうしてでしょうか?そうした人は概して健康的な生活習慣を持っています。

 

プライベートな時間で適度な運動をしている、十分な入浴をしているなど。また、会社の椅子を勝手に変えることができなくてもクッションや座布団に工夫はできます。

 

座り心地が良くなれば、肛門への負担は軽減されます。また、トイレを我慢することについては、時間的な工夫、トイレの時間をきっちりと組み込む強い意志を持つなどして習慣化していきましょう。

 

食事やほかの生活リズムを工夫することで、排便の時間をある程度管理することができれば、トイレの時間を予想しやすくなります。

 

自分に合ったリズムを作り、習慣化してしまうのが鍵ということですね。ホワイトカラーの労働者は、運動不足になりがちです。しかし、それも、エレベーターの代わりに階段を使う、目的地から一駅手前で降りて歩く、寝る前にストレッチをするなど、できることがあるはずです。

 

運動不足は解消できます!!出来ることから手をつけて、改善しましょう。

スポーツをしている人は、痔になりやすい

健康、といえばスポーツです。適度な運動はストレスを解消し、血液の流れをよくし、ダイエットにももちろん良いわけです。いいことずくめと言いたいところですが、スポーツによっては痔を悪化させてしまうことがあるのです。

 

なぜ?どういうこと?と疑問に思うことでしょう。私も疑問に思いました。

 

ここで、痔になりやすい排便習慣を思い出してください。ぐっと下腹に力を入れて、「いきむ」というやつです。

 

重い物を持つとき、自転車の立ちこぎのとき、同じことをしていませんか?ジムに通って筋トレをしたり、通勤中にスクワットなどをして運動不足解消をしているとき、同じことはしていませんか。人は、排便以外にも重い物を持ったり、自転車で坂道を登ったりする時もいきんでいることがあります。そして、いきむことは痔につながります。

 

多くの人が趣味としているスポーツにもいくつか痔になりやすいものがあります。例えば、スキー・スノーボード。ウインタースポーツなので、体が冷え、血行不良になりがちです。当然ながら、下半身も冷える可能性がありますし、スキーやスノーボードをしている時の姿勢は臀部、そして肛門に負荷をかけます。

 

ゴルフにせよ、野球にせよ、サッカーにせよ、自転車にせよ、乗馬にせよ、下半身、そして、肛門への負荷があるスポーツです。ただ、そんなことを言っていれば、する運動がなくなってしまいますね。運動をすることは、生活習慣として、ストレス解消として、推奨されるべきものです。

 

ですから、後は程度問題です。あまりにもいきむ習慣があるようなら、運動の負荷を下げるべきでしょう。同じ姿勢を長時間取り続けるようなら、小休憩をはさんで、体をほぐしましょう。

 

ウインタースポーツ・マリンスポーツなど、体温を冷やすスポーツでは、運動後に入浴などでゆっくりと体を温めることで体の冷えを解消することができます。

 

スポーツは、うまく活用して、痔にならないよう、あるいは悪化させないように、運動不足解消に用いていきましょう。

 

自分の痔の原因について理解できたでしょうか?
最後に痔の治し方のおすすめについて紹介しておきます。

 

リンクはこちら⇒手術をしない自宅でできる痔改善メソッド